• 振り返り

    2017年の振り返り

    振り返り記事をいくつか書いていますが、感情的な部分を含めた振り返りを。(自分の備忘録)。 今年は公私共に色々と環境が変わった年でした。 悩むことも多かったしそれなりに行動はしていたのですが、駆け抜けたとは言えないかなと。 環境が変わって、動いたからこそ自分に足りないものがたくさん見えた年でもありました。 苦手なことや向き合わないといけないものとも向かい合う機会もできました。 改めて考えてみると反省する点が多く、足りないものばかり数えてしまう性格だなと改めて感じたのですが、この間「2017年やったこと」「2017年やめたこと」を振り返るブログを書いていたことで救われた気がします。 まだまだインプットもアウトプットも手を動かす量も少ないので2018年は細かい目標を立ててたくさん動いていこうと思います。

  • おすすめサービス・アプリ

    コードを書かなくてもWordPressに導入できるチャットツール「Intercom」

    Webサイトにチャットツールを付けたいという要望を今年に入ってからよく聞きます。 以前専門学校のサイトに携わっていた時は、メールフォーム以外にチャットツールを追加したところ問い合わせが20倍くらいになったので(冷やかしのような問い合わせもありましたが)やはり気軽に質問ができるチャットツールはユーザーニーズがあるのかなと思います。 今回、新規立ち上げのサイトにチャットツールを導入するということで色々調べてみた結果、Intercomというチャットツールが一番使いやすそうだったので導入しました。 月額:$53〜から利用できます。 WordPressへの導入方法はIntercomプラグインをインストールして、管理画面の「設定」→「Intercom」を選択して、Intercom側の管理画面で表示されるIDを入力するするだけで右下に表示されます。 特にコードを書かなくてもすぐに使えるようになるのでかなり助かりました。 難点は管理画面が全て英語なことでしょうか。 まだ使い始めたばかりなのでもう少し知識を得られたらまた追記しようと思います。

  • 振り返り

    1年間ブログを続けてみて感じたこと

    去年の末からほぼ毎日のように更新しているゆるふわブログ(今は方向性が変わったので放置気味)があったのですが、今年からこのブログを定期的に書くようにしました。 PVやブランディングのため!というよりは、 ・文章力をつけたい ・継続する力をつけたい ・読んだ本や勉強会の内容を自分なりに咀嚼して残しておきたい ・使った技術やサービスなどの紹介・備忘録 を目的にしていました。 2018年はもう少し考えて書くかもしれませんが、書くということに慣れることから…と考えていたのでそこはクリアできたと思います(あまり文章力がないのは変わらないのでもう少し勉強したいと思っています) ブログを通じてお仕事の話が来たり、「読みましたよ」と声を掛けてもらえたのは嬉しかったです。 ブログを書いて感じたのは、セッションの内容を考えるのと同じで「インプットは簡単だけどアウトプットは時間がかかる」ということでした。 頭の中を整理したり、色々調べるのでその分自分の勉強にはなりますがまだまだ記事を書くのに時間がかかるので(他の媒体で書いている記事などはもっと時間がかかっています。。。)来年はもう少し早く書けるようになるのも目標の一つです。

  • 着物

    【ネット通販編・番外編】おすすめ着物屋さん

    東京編、関西編に続いて、ネット通販やリサイクルではない着物屋さんも自分の備忘録として残そうと思います。 ほとんど利用したことのあるお店か、よく眺めているお店です。 今回はリサイクル以外の着物屋さんもリストに入れています(なので値段が少し高いものもあり。呉服屋さんで買うほどではないですが)。 ただ、通販で購入する場合は自分に合うサイズ(身丈・身幅などなど)を知っている必要があるので、初めて着物を購入する方はお店で買うことをおすすめします。 東京の着物屋さんはこちら 関西の着物屋さんはこちら アンティーク・リサイクル着物のShinei サイトが少し見にくいのが難点ですが、めちゃくちゃ種類が多く、そして安いです。 可愛いものはすぐに売り切れてしまいますが着物も帯も1000円くらいから買えます(もっと安く買えることも) 着物用のバッグや帯留め、ブローチなど小物も充実しています。 Web:https://www.net-shinei.co.jp/ 京都きもの町 ここのお店の着物を京都でよく見かけます(レンタル着物) 洗える着物(ポリエステル・木綿)で柄の種類が多いです。 帯と着物のセットで20,000円くらい。 洗えるのは便利ですが、ポリエステルは滑りやすいのであまり着付けに慣れていない方だと少し着にくいというデメリットがあります。 Web:https://www.kimonomachi.co.jp/ うさぎ小町 アンティーク・リサイクル着物のお店です。 レトロポップな着物の取扱が多く、コーディネートも参考になります。 Web:http://usagikomachi.com/ 着物やくるり リサイクルではなくオリジナル着物のお店です。実店舗もあります。 普段着でも着れるデザインが多いのですが、カジュアルすぎず堅すぎずな着物で素敵です。 Web:http://kururi.net/ 豆千代モダン こちらもオリジナル着物のお店です。 かなり人気のお店で、よく雑誌にも載っています。 アンティーク×現代着物という感じでため息が出るほど可愛いデザインが多いです。 ストライプの着物が欲しい…。 Web:http://www.mamechiyo.jp/ 櫻メゾン オリジナルの着物や帯のお店です。 デザイナーさんが人形作家さんなこともあり、個性的な着物やコルセットのような帯も取り扱っています。 Web:http://sakuramaison-ws.shop-pro.jp/ Web(系列ブランド):http://mikisakura.com/index.html Twitter:https://twitter.com/SAKURAmaison

  • 着物

    【関西編】おすすめリサイクル・アンティーク着物屋さん

    東京は結構色んな着物屋さんに行っていたのですが、関西のお店はまだ開拓しきれていません。 いくつかは行ってみたのでおすすめを書いていこうと思います。 東京編はこちら 東京編と同じで、よく行くお店は ・着物・帯が5000円以下で買える(気に入ったものでも2万円以内) ・押し売りされない ・店員さんが相談に乗ってくれる です。値段が手頃で大正ロマン、昭和レトロ系を置いているお店を探しているのですがなかなか出会えません。。 数は色々あるのでこれからも探して行こうと思います。 大福屋(日本橋) 着付け教室仲間や着付けの先生とよく行くのはこのお店です。 大体着物(小紋)が3000円〜4000円くらいからあります。少し高めの訪問着なども置いてあります。 状態が良いものが多いので、普段着だけではなくお出かけ着を探すのにも良いお店です。 安いものから少し高いものまで、値段はピンきりですが種類がとにかくあります。 Web:http://www.daifukuya.co.jp/osaka.htm きもの屋(日本橋) 大福屋さんに行くときはこちらのお店も必ず行っています。 大福屋さんより断然お値段が安いのがきもの屋さん。 着物や帯は100円〜あります。 以前購入したのは訪問着(3000円)、帯(1500円)、単衣(4000円)、単衣(500円)だったはず。 状態がそこまで良くないものもありますが、練習用、普段着用には良いと思います。 Web:http://www.kimono-ya.co.jp/ 船場センタービル(本町) リサイクル着物屋さんがたくさん入っています。 高級な着物のお店もありますが、リサイクル系は帯が100円くらいからあるので、掘り出し物を探しに行くのは楽しいです。 リサイクルではありませんが、居内商店というオリジナルの着物を販売しているお店も入っています。 あと、着物ではありませんが「ちぐさ」というお店で草履を作りました。 スニーカーで歩いているのと変わらないくらい歩きやすい草履なのでめちゃくちゃおすすめです。 ※船場センタービルは日曜休みなので注意です。 Web:http://www.semba-center.com/ 【番外編】tento(滋賀・大津) 行ったことがないので番外編で。 コーディネートや商品がめちゃくちゃ可愛いので、数年前からずっとブログを読んでます。 営業日が少ないのですが絶対に行ってみたいお店です。 ブログを眺めているだけでも楽しいので、コテコテのアンティークがお好きな方は是非訪問してみてください。 Web:http://www.kimonoyatento.com/ Blog:https://ameblo.jp/kimonoyatento/ 関西だと今のところこんな感じです。 引っ越す前までは京都は着物屋さんが多いのかな?と思って楽しみにしていたのですが、観光客向けだからかアンティークでもかなり値段が高いお店が多かったです。

  • 着物

    【東京編】おすすめリサイクル・アンティーク着物屋さん

    もう冬休みに入っているお店も多そうですが、自分の備忘録も兼ねておすすめのリサイクル着物屋さんをまとめてみました。 関西編はこちら。 私の着物は基本的に普段着なので、 ・着物・帯が5000円以下で買える(気に入ったものでも2万円以内) ・押し売りされない ・店員さんが相談に乗ってくれる 以上の条件を満たしたお店で行ったことがあるところを選んでいます。ちなみに私はアンティークが好きでよく小紋を着ています。 お店によって価格や置いている着物の雰囲気が結構違うので、少しでも参考になれば。 リサイクル着物菅野(西荻窪) 近くに住んでいたので一時は毎週のように行っていました。 こりすさん(@kimono_kanno)という、可愛らしい店員さんが色々アドバイスに乗ってくれます。 店長さんが男性なので、男性向けの着物を探している方にもおすすめです。 ワゴンセールのものだと着物や帯が1000円〜、ワゴン以外だと〜5000円くらいで帯や着物があります(ものによってはもう少しするものもあります)。 可愛らしい柄が多いお店なので、可愛いもの&アンティークが好きな方にはおすすめのお店です。 Web:http://kimono-kanno.com リサイクル着物処 豆ぶどう(高円寺) 何度か着付けを習いに行きました。 落ち着いた色味の着物が多いです。店長さんが身長のある方なので、背の高い方向けの着物も色々揃っています(アンティークは小さめのものが多いので、身丈が長いものは貴重)。 Blog:https://ameblo.jp/mamebudou/ 今昔着物(阿佐ヶ谷) あまり大きいお店ではないですが、端切れから着物まで色々揃っています。 ここの店主さんが男性なので男性向けも少し置いています。 帯や着物が3000円以下で買えます。 Web:http://www.kimono-grape.com/asagaya.htm grape(西荻窪) サイトがものすごい見にくいですが、ここもお値段安めのものから揃っています。 他で紹介しているお店よりも少し入りにくいかもしれないです。 小物も充実しているので足袋や帯締めをたまに購入していました。 Web:http://www.kimono-grape.com/ ギャラリー川野(表参道) コテコテのアンティーク多めです。 確か名古屋帯を3000円くらいで買ったはず。友人の羽織は5000円でした。 種類が多いのでコテコテのアンティークが好きな方ならいい出会いがあると思います。 Web:http://www.gallery-kawano.com/kawano.html#shop リサイクルきもの福服(新宿・浅草・神楽坂) 私が行ったことのあるお店は川越だったのですが閉店してしまったようです。 川越以外の品揃えが豊富だと聞きます。 Twitter:https://twitter.com/fukufukukimono 【番外編】昔きもの庵(中野) 正確にはアンティーク着物のギャラリーです。 1Fで着物や小物を販売しています。Twitterで取扱商品の情報が流れてきますが帯や着物が1000円〜あります。 小さいギャラリーですが、貴重なアンティーク着物がたくさん展示してあるので、是非足を運んでみてください。 Twitter:https://twitter.com/mukashi_kimono 【番外編】大江戸和子(表参道) めちゃくちゃ可愛いものが多いのですが、平均的にお値段が少し高め(振り袖9万円、小紋15000円〜)なので番外編として。。。 非売品ですがギャラリーのページの着物はため息がでる美しさです。 Web:http://ooedokazuko.ooedo-group.com/ Twitter:https://twitter.com/ooedokazuko

  • 振り返り,  日常

    2017年にやめたこと

    先日、「2017年にやったこと」という記事を書いたのですが、それと逆にやめたことも色々あったので振り返ってみました。 初対面の人に「人見知りです」ということ 言ったところで何も変わらないのでやめました(親しい人には話すこともあります。)。 場の空気によって乗り切れる、乗り切れない時があるのでお会いした方には気づかれないこともありますが結構な人見知りです(ペラペラ喋ってる時は大抵緊張してます)。 ひどいときは軽い過呼吸のような状態になるので、以前は家の冷凍庫に常にテキーラを入れておいて、初対面の人やあまり面識のない人と会う時には一杯飲んでから家を出ていました(仕事関係ではなく、飲み会やイベントなどの時ですが)。 今もやっぱり初対面の方やあまり面識のない方と話すのはドキドキしますが、言わなくなってから少しだけマシになった気がします(私の中で実験をしているようなものなので、別に他の人に言われるのは気にしません)。 「英語ができません」と英語を話しながら言うこと 以前までの私は英語を話す度に「私は英語があまり話せないので私の英語はひどいんです。ごめんなさい。」から会話をはじめていました。 私は英語が下手なので上手く伝えられないこともあると思いますが…ということを毎回伝えたかったのですが、 どこかで「英語ができないんですって英語で言うのやめようよ。相手からすると少しは話せている訳だし、英語が得意ではないことは話していたら分かる。そういう謙遜はいらない」というような記事を見かけてハッとしました。 確かに文法も語彙力もあまりないのは話していたら伝わるし、わざわざ「英語がひどくてごめんなさい」なんて言う必要はあるのかと。 どうせ下手だし…と考えてしまって、伝えるということを少し諦めていたのかなと今は思います。 「英語があまり得意ではないです」と言わなくなったからと言って英語が上達するわけではないですが、「わからないなりに伝えよう」という気持ちが以前よりも大きくなりました。 自分の考えや無知を隠すこと Twitterでも何でも「こんなことも知らなかったんだ」と思われるのが怖くて、あまり技術的な話ができなかったり、初めて知りました!と大きな声で言えませんでした。 どう思われるかも気にしてしまっていたので、あまり自分の考えや学んだことも発信していませんでした。 ただ、アウトプットの場を作ることも「知らない」と伝えることも「知らないから勉強してみました」と伝えることも全て大切だと気づいたので最近は発信するようにしています。 年齢を考えて何かをするのを諦めること 新しく何かを始めたり、勉強するのに年齢のことが気になってしまうことが多かったのですが、あまり考えないようにしました。 私は今の業界に入ったのが20代後半で、大学は経営学部な上に前職が企画&営業だったので自分の経歴へのコンプレックスが強く、デザイナーを名乗れない時期があった程です。 少し前まではすごく悩んでいたのですが、とある人に相談した時に「経歴も含めて自分を形成しているもの」だと言われ、そこから少しだけ前向きになれました。 結局「もう◯◯歳だからできない(やらない)」というのは誰かと比べていたり、やらない言い訳を作りたいだけです(私の場合は)。 悩むことがもう無くなったのかと言われればゼロでもないのですが、考えないようにしています。 できない理由、やらない理由と言い訳をたくさん考えること 自分が苦手すぎる分野や何十時間かけても無理なもの、やっていて苦痛しかないものと興味がないものは除きますが、色々な部分で言い訳が多くなってしまいがちなので意識して言わないようにしています(まだまだなので「やめた」とは言い切れないかもしれない)。 以前は「あの人と違うから自分はできない」「◯◯だからやらない」と色々考えていたのですが、やらない理由や言い訳なんて無限に思いつくものなので“やる理由”を頑張って考えるようにしています。やる理由、というよりは考えすぎる前に動くようにしています。 以前も書いたのですが、「忙しいから〜できない」というのも自分の中の優先順位の問題なので言わないようにしています(ブログをリニューアルするという目標を自分で立てておきながら伸び伸びになったので猛省しました)。 こうして書くと意識が高そうですが、私はかなりズボラで面倒くさがりなのでこうして書いて見返すことができるように。。。 ちなみに週一ブログ会で「年間50記事を達成する」という目標を立てているので、「忙しくて無理だった」と言わないよう、今がんばっているところです。 精神論に近い感じになりましたが、「やめる」ことで去年よりはほんの少しだけ成長した1年でした。

  • 勉強会,  日常

    自信がないデザイナーが、セミナーに登壇するようになって変わったこと

    登壇者 Advent Calendar 201723日目です。 大学生の時はたまに人前で発表することもあったのですが、社会人になってからはなかなかそんな機会もなく…。 スライドを作って人前でお話したのはマーズナレッジの生徒が発表する会の時が初めてだったような。 LTだとちょうど2年前の12月、WordBench京都だったと思います。 そこからちょこちょこ人前で話すようになって、今では定期的に登壇するようになりました。 最初から比べて大きく何かが変わったというよりは、少しずつ積み上げているという感覚に近いと思いますが、感じていることなどを書こうと思います。 登壇するようになって変わったこと ■以前より人と話すようになった 基本的に人見知りなので、懇親会では隅っこの方にいるのですが、知り合いが増えたり登壇した内容について話しかけていただく機会が増えたので色々な方とお話するようになりました。 ネタ的なLTの後でも感想や質問をいただけるのはすごく嬉しいです。 ■普段からアウトプットについて考えるようになった これはブログを書くようになったこととも繋がるのですが、 色々な情報を見ているときにアウトプットまでの流れを考えるというか、自分の中で咀嚼する癖がつくようになりました。 以前は流し読みしていたものを少し深く考えるようになったのは大きいです。 ■人前で話すことが苦ではなくなった 回数を重ねているので当たり前かもしれませんが、以前は登壇者を募集していて、少し気になっていても「私の話なんて誰も興味ないよなあ」とものすごくネガティブな感情を優先させしまっていて諦めていました。 今は「これを伝えたいな」と思ったことがあれば登壇の申込みはするようにしています(ちょっと去年は頑張りすぎたので今年はセーブしています)。   登壇する時に気をつけていること ■起承転結を考える 少し長めのセッションよりも、5分のLTの方が構成を考えるのに悩んだりします(時間がかかるときは丸一日悩む時もあります)。 見ている側がわかりやすく、最後まで興味を持ってもらうために構成はしっかり考えます。 ■スライドに文字を入れすぎない、でも手を抜きすぎない 文字があると自分自身も見ている方もスライドを読んでしまうので、あまり文字を入れすぎないようにしています(それで言いたいことが飛んでしまうこともたまにありますが)。 スライドのデザインに力を入れるかどうかは人それぞれだと思いますが、私はスライドには性格やその人の仕事(情報設計の仕方など)の一部が出ると思っているので、自分で納得できるものを作っています。 スライドが美しいことが全てだと言いたい訳ではないのですが、私が尊敬しているデザイナーさんたちのスライドは全て美しいです(デザインはもちろんですが、情報が見やすく整理されているという意味も込めて)。 ■話す内容に責任を持つ 当たり前のことかもしれませんが、5分のLTでも1時間のセミナーでも、毎回細かく調べています。 色々な方もお話されていますが、「なんとなくわかっていること」は言葉にすることができません。 自分でも理解していないことを人に伝えてわかってもらうのは難しいと思います。 登壇することによって自分自身も勉強になる、と感じているのはこの部分が大きいと思います。 ■一つでも何か持ち帰ってもらう 聞いている人の仕事に関係ある内容でもそうではなくても、何かひとつでも気付きを持ち帰ってただけたらと考えています。 気付きを与えたい、だなんておこがましいかもしれませんが、5分でも10分でも私の話に耳を傾けてくださっているので、キーワードひとつでもいいので心に響いてくれたら嬉しいな、と思います。 自信がないから人前で話せないと思っていた頃 ここまで登壇したこと、感じたこと書いてきましたが、最初にも書いたように「私の話なんて誰の参考にもならないよね」と思っている時期がありました。 でも自信がなかったり、悩んだ時期があったからこそ伝えられることがたくさんありました。 参考になったよ、自分もその経験あったよ、と声を掛けていただくこともありました。 今でも内容に悩むことも、登壇して落ち込むこともありますがいつも楽しくお話させていただいています。 伝えたいことがあって、自信がなくて…という方がもしいたら、一度登壇してみることをおすすめします。 絶対に誰かのためになるし、何より自分のためにもなります。 今年の後半はUX勉強会での登壇が多めでしたが、来年はもう少しアウトプットの幅を広められたらと思っています。

  • 着物

    年末年始に着物を着てみようかなという方へ

    もう2017年も終わりに近づいていますね。 毎年この時期に「お正月には着物を着たい」という話を聞くので、おすすめの着付けの書籍と着付け教室を紹介しようと思います。 まずは書籍から。 着付けの習得は時間はかかりますが、何度か練習すれば初詣まで間に合うかもしれません。 着付けを練習するのにおすすめの書籍 手ほどき七緒(大久保信子さんの「着つけ」入門) 手ほどき七緒(大久保信子さんの「着つけ」入門) 永久保存版 (プレジデントムック) 持っている本は既に廃刊になっていたので内容が近いこちらを。 着付けの本はDVD付きじゃないと難しいと思います。 基本のキホンから書いてあります。 DVDで着物の手ほどき着付けと帯結び/着物屋くるり DVDで着物の手ほどき着付けと帯結び [ 着物屋くるり ] 着物をある程度着られるようになっても読んでいるのはこちらかもしれないです。 帯締めや帯揚げの締め方まで細かく書いてあります。 おすすめの着付け教室 「無料で着付けを教えます」系は割とゴリゴリの営業をしてくるので注意です。 以下に紹介するところは私も行ったことがあるので大丈夫です。 ちなみに、私が着付けを習いに行く時の条件は ・お稽古の曜日が固定されていない ・月に何回お稽古を受けるか決められていない ・そんなに高いレッスン料ではない ・先生が優しい ・着物の押し売りをされない ・アンティークの着物でレッスンを受けても何も言われない ・少人数 です。以下2つは両方ともクリアしています。 豆ぶどうさん(高円寺/東京) 着付け教室ではなく、リサイクル着物屋さんですが着付けを教えてくれます(予約制)。 私も何度か教わりに行っています。 着物屋さんと言えど、押し売りなどは絶対ないので安心してください。 https://ameblo.jp/mamebudou/ 和葉着物着付け教室(東淀川区/大阪) 以前ブログでも書いたのですが、今もたまに通っています。 https://kazuha640.jimdo.com/ 次はおすすめの着物屋さん(リサイクル含む)を紹介しようと思います。

  • おすすめサービス・アプリ

    初心者でもプログラミングを基礎から学べるProgate(プロゲート)を始めてみた

    作りたいものができたので評判のいいProgate(プロゲート)を始めてみました。 Progateとは? オンラインのプログラミング学習サービスです(HTML、Sass、JSもある)。 環境を自分で用意しなくても、サイト上でプログラミングの勉強ができます。 まだ勉強し始めですが好きなところ、嬉しいところがたくさんあるので書いていきます。 UIが綺麗、動作がスムーズ 何回も同じ動作を繰り返すので操作性とビジュアルは大切(当たり前かもしれませんが)。 使っていて「迷う」ということが少ないのでとても好きです。 環境を用意しなくてもすぐに学べる これは賛否両論かもしれませんが(環境構築は出来たほうがいいという人も居ると思うので)、初心者が遭遇する最初の壁は環境の準備だと思います。 もちろん実務で使う場合は準備しないといけないのですが、10分だけ時間ができたので勉強したい、まずは触ってみたいという人は環境準備で心が折れる場合も…(私がそうです) なのでサイト上で学べるのはかなり嬉しいです。 達成感を得られる仕組みになっている 自分の進捗状況がパーセンテージでわかったり、ステージが終わる度に可愛いキャラがお祝いしてくれます。 SNSでシェアできるのもモチベーションに繋がります。 画像は全て公式で配布しているものです。こういったものを用意してくれているだけでなんだか好感度があがります。 こういう勉強系のサービスは途中で飽きてしまうこともあるのですが、使いやすい&達成感がある&思い立ったらすぐ始められるので続けられています。 冬休みに何か始めてみたいな、という方は是非使ってみてください。 Progate(プロゲート):https://prog-8.com/