• 日常

    10年ぶりのソウル

    先日、一泊二日でソウルに行ってきました。 ソウルは大学生の時以来なので10年ぶり。 調査が主な目的の訪問だったため、現地に住む日本人の話を聞いたり、お店の調査をしていました(調査と言ってもそこまで大掛かりなものではないのですが)。 10年前が昔過ぎて、比べる事ができるほど覚えてはいないのですが気づいたこと クレジットカードがどこでも使える(両替はほんの少ししかしませんでした) 「T-money」カードという、日本のSuicaのようなものが浸透している ノマドできるカフェが多い。大体のカフェには電源とWi-Fiがある  チケットの券売機などは大体韓国語・日本語・英語・中国語対応 お店の人は大体日本語が話せる(ペラペラではない) 24時間のレストランが多い タクシーが初乗り300円くらいで安い 書いてみるとあまり大きな発見はなかったのですが韓国語が全くわからなくてもなんとかなるような場面が多かったです。 英語ができる人が多いと聞いていたのですが、話した感じ日本とあまり変わらない気がします。(私が滞在したのは新沙洞エリアだったので、明洞などの観光地だとまた別かもしれません) 屋台などでもLINE PAYが使えると聞いていたので期待していたのですが私が訪問したエリアには屋台がほぼありませんでした。。。残念。 「日本のITはアジアの他の国に抜かされているよ!」と聞く機会が多かったので内心ドキドキしながら歩いていたのですが、私が見た限り環境としては日本と同じくらいでした(うわー!!!すごい!!こんなもの日本にはないぞ!というものは特になかったです。空港の案内ロボットくらい?)。もしかしたら観光地の方に行くとまた違ったものが見られるかもしれませんが。 しかし今までは「日本がアジアの先進国である」という気持ちがどこかしらにありましたが、韓国に行って「ほぼ日本と変わらない」と感じたということは「日本がアジアの先進国」という神話はやはり崩れてきているのだろうなと感じました。

  • デザイン,  

    【書評】デザイン・メイキング152ーデザイナーのラフスケッチ実例集ー

    一時は売り切れにもなっていた書籍「https://amzn.to/2QQ5V9I」 他人のラフや仕事の流れを見る機会があまりない環境で生きてきたので、ロゴや広告を考えるまでの流れが気になり購入しました。 広告やロゴ、ビジュアルなどカテゴリ別にページが分かれていたので読みやすかったです。 広告系のラフスケッチは緻密に描かれているものでは?と勝手に予想していたのですが、緻密なものからざっくりしたものまで様々でした。 ラフなんて人や会社の方針によるからバラバラなのは当たり前だと言ってしまえばそれまでですが、普段自分が描いているラフに少し自信がなかったので参考になりました。 じっくり読むというよりは気になったカテゴリに目を通すという読み方が向いていそうです。

  • 【書評】ディベートをやろう!

    子供向けの本なのですがすすめられて読みました。 メリット・デメリットの立て方、主張のための立論、証拠資料集めなど子供向けとは思えないくらいしっかり書かれていました。この本に出てくるような正式なディベートは未経験なのですがここまできちんと書かれているとディベートだけではなくプレゼンなどでも参考になりそうです。 事例なども具体的に書かれていてわかりやすかったです。 論理的に伝えるのがあまり得意ではないのでヒントになりました。(論理的な考え方の本は他にも読んでみたいです)。 余談ですが、小学生の時に市のプレゼン大会に出たり、大学生の時にもサークルでプレゼンをしたことがあったので昔はディベートに対して根拠のない自信があったのですが、最近ダニングクルーガー効果というものを勉強していて、謎の自信は経験のなさから来るものなんだなと気づきました(今は全く自信なし)。