• AfterEffects,  動画

    Webデザイナー×動画制作

    何故かわからないけどVJに憧れていた20代前半。 放送大学の学生になり、Master collection(※色々入っているソフト)を購入しました。 初めて作った動画は確か友人の結婚式の動画。 Premiereを使った気がします。 その後友人とデザインフェスタギャラリーで展示をしたのですが、友人は写真を展示。私はシュルレアリスムかぶれの動画をAfter Effectsで制作。 口から花がポンポン出てきたり、目と花を同化させたようなものをひたすら作っていました。 恥ずかしすぎて静止画でしかお見せできません。 当時は重すぎてレンダリングに一晩かかっていました。懐かしい。 今は企業のイメージムービーや、病院の器具紹介のムービーを作ったり、友人の結婚式の動画をたまに制作しています(素材はIllustratorやPhotoshopで作っています) Adobe CCをお使いの方はインストールできると思うので、是非使ってみて欲しいなと思います。 今はJSやSVG、CSS3でも色々できちゃうのでサイトの中で無理に動画を使ったりはしませんが、お客さんによってはYoutubeに動画をアップしたいと言う方も結構いるのでスライドショー+字幕くらいは作れると便利です。(これはPremiereでもiMovieでもできますが) Flashを作ったことのある方なら感覚は似ているのですごく入りやすいと思います。 毎回作る度に調べていて思うのですが、After EffectsやPremiereの情報って本当に少ないです。 書籍も全然出ていないしブログも少ない!そして古い。 映像を作るのは結構好きなのですが、奥が深すぎるのとPCのスペックの問題もあるので、映像をメインの仕事にしたり、3Dをごりごり使うつもりはありません。 あまり難しい技術を使う予定はないのですが、自分で試行錯誤しながら作ることが多いので備忘録的にまとめていく予定です。

  • 日常

    4月の振り返り

    振り返り記事は月の頭に書くべきだと思いながら4月の振り返り。 振り返り記事って敬語で書くかざっくり書くべきかいつも迷いながら書いています(そのうちまとめてリライトしたい)。 ・英語 4月もNativeCampとiKnowを少し。 電車に乗っている時やウォーキングしながら瞬間英作文を聞いたりぶつぶつ口に出していました。 ・デザイン/技術 制作会社に在籍するのがおそらく8月までなので、引き継ぎ用にコーディングガイドラインなどを作成中。 20代〜60代の方がいるので、技術レベルの差があってもあまり困らないようにまとめたり考えることは自分にとっても勉強になっています。 ・自分のサイト 4月もなかなか手が回らず、テーマを変更したくらいだったのでもう少し構成などを考え直してきちんと作りたいです。 ・健康/食 整体に行く頻度を3月に引き続き増やしました。 ストレッチをすると腿の裏がつるようになってしまったので、ストレッチを日課に。 あとは5月からジムに行くことにしたので習慣化させたいです。 ・着物/日本文化 4月末に、着物仲間と京都に着物を見に行く機会があったので2ヶ月ぶりに着ました。 しばらく着ていないと帯がうまく結べないので(特にポリの帯の場合)、やっぱり最低でも月に1回は着ないとなー。

  • 日常

    ゲーミングチェア VS アーロンチェア

    デスクワークの方の悩み、腰痛。 私は腰痛持ちというよりは、座っているとどんどん腰が気持ち悪くなってきて仕事中そわそわしてしまう感じの症状です(わかりにくいけど)。 腰がそわそわしてくるので椅子の上で体育座りをしたり、片膝を立てたりする癖があったのですが、腰に悪いと聞いたのでやめました(お行儀も悪い)。 座る姿勢って大事だなーと日々思うのですが、最近2種類の椅子を使ってみて椅子が大事だと最近改めて感じました。 一つはゲーミングチェア。もうひとつはアーロンチェア。 制作会社にいる時はゲーミングチェアで自宅ではアーロンチェアです。 「ゲーミングチェアは座り心地最高!」という声も聞くのですが、どうも私の身体には合っていないようで、座っているとどんどん腰の筋が張ってきます。 クッションを当てたりもぞもぞポジション調整をしてみるけどどうもしっくりこない。。。 あと夏はものすごく太ももの裏が暑い。。。 椅子の高さや背もたれの角度など、色々調整もしてみたのですが、身長が小さい人だと合わないこともあるんだと思います。 多分ゲーミングチェアが悪いのではなく私の身体のサイズの問題なのですが… ゲーミングチェアに座った後にアーロンチェアに座ると、座り心地がすごく良いのと、腰にストレスを感じないので私はアーロンチェアの方が合っているようです。 高い椅子は良いぞ!という話ではなく、椅子って身体に合う合わないがあると思うので実際に座ってみて自分の体に合うか試すことをおすすめします。