AfterEffects,  動画

Webデザイナー×動画制作

何故かわからないけどVJに憧れていた20代前半。
放送大学の学生になり、Master collection(※色々入っているソフト)を購入しました。

初めて作った動画は確か友人の結婚式の動画。
Premiereを使った気がします。

その後友人とデザインフェスタギャラリーで展示をしたのですが、友人は写真を展示。私はシュルレアリスムかぶれの動画をAfter Effectsで制作。
口から花がポンポン出てきたり、目と花を同化させたようなものをひたすら作っていました。
恥ずかしすぎて静止画でしかお見せできません。

当時は重すぎてレンダリングに一晩かかっていました。懐かしい。

今は企業のイメージムービーや、病院の器具紹介のムービーを作ったり、友人の結婚式の動画をたまに制作しています(素材はIllustratorやPhotoshopで作っています)

Adobe CCをお使いの方はインストールできると思うので、是非使ってみて欲しいなと思います。

今はJSやSVG、CSS3でも色々できちゃうのでサイトの中で無理に動画を使ったりはしませんが、お客さんによってはYoutubeに動画をアップしたいと言う方も結構いるのでスライドショー+字幕くらいは作れると便利です。(これはPremiereでもiMovieでもできますが)

Flashを作ったことのある方なら感覚は似ているのですごく入りやすいと思います。

毎回作る度に調べていて思うのですが、After EffectsやPremiereの情報って本当に少ないです。
書籍も全然出ていないしブログも少ない!そして古い。

映像を作るのは結構好きなのですが、奥が深すぎるのとPCのスペックの問題もあるので、映像をメインの仕事にしたり、3Dをごりごり使うつもりはありません。
あまり難しい技術を使う予定はないのですが、自分で試行錯誤しながら作ることが多いので備忘録的にまとめていく予定です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。