• 未分類

    2018年の振り返り

    2018年は忙しい時期もありましたが割と自由に過ごしていた気がします。のんびりしている中で、色々なものに飛び込んでみたり、好きなものを探したりしながら悩んだりもした1年でした。 何かを形にできたか?大きな成果を得られたか?かというとまだまだだなあと思うので2019年は熱量を持って何かを作り上げたいです。 また、UX DAYS TOKYOのスタッフを続けているのですが、基本的な部分の知識量の不足を実感することも多かったので今まで以上に勉強したいと思います。 振り返ってみると少しネガティブになった年でもあったので、2019年の目標をしっかり考えて少しずつ自信を持てるように色々なものを積み重ねていきたいと思います。

  • 未分類

    今年一番お世話になったプラグイン「Wordfence」

    お恥ずかしながら今年、サイトをハッキングされました。 原因としてはパスワードが簡単すぎたという理由なのですが、その時に使ったプラグイン「Wordfence」にかなり助けられました。 使い方 インストール後、「有効にする」をクリックするとサイドバーの中に「Wordfence」のメニューが増えます。 私が普段使っているのは主に「Scan」で、怪しいファイルやファイルの書き換えがあったとき、プラグインがアップデートされているときなどに警告を出してくれます。怪しいファイルの削除などもこの管理画面上で行なうことができます。 海外向けのサービスをしているクライアントのサイトがアタックを受けているようでしたので、そちらにも導入しました。 ファイヤーウオールの設定をしておくと、怪しいIPなどはブロックしてくれます。ログインに失敗したユーザーの一覧なども見ることができるので定期的にチェックするようにしています。海外からのアクセスをブロックすることができないサイトなどにはとても便利です。 セキュリティ系のプラグインはいくつか試してみたのですが、Wordfenceが一番使いやすかったのでしばらくはこれを使おうと思います。まだ使いこなせていない機能も多いのでもう少し使い込んで追記予定です。

  • 未分類

    京のかたな展

    先日、京都国立博物館で開催された京のかたな展に行きました。 刀剣乱舞とのコラボが話題になっていましたが(刀剣特集のBRUTUSがどこに行っても売り切れていた。。。)単純に日本刀のフォルムが好きなのと、250振りもの日本刀を見る機会はなかなかなさそうだったので混雑覚悟で行くことに。 毎日刀剣乱舞のカードを先着順に配ってたので平日にも関わらず人が多かったのですが、一番の目玉である三日月宗近を近くで見られたのは感動しました(それでも50分近く並びました…)。 刀剣乱舞はプレイ経験があるので、自分の好きなキャラクターの刀を見た時は興奮しましたが(骨喰藤四郎が好きです)それ以外の刀の歴史や思いなどにも触れることができ、大満足の展示でした。写真がNGだったのでどれも撮れなかったのですが、あの潤みや繊細さは写真に残すことはできないと思います。 人気の刀を最前列で見るための列と、2列目以降(といっても近くで見れます)で見ることができる場所が分かれていたのでスムーズに全体を回ることができ良いシステムでした。美術品の展示はこのシステムを導入して欲しい… 京の刀展はポスターやWebサイトも美しいのですが、限定グッズも普段使いできそうなものが多かったです。おそらく20代〜30代の女性をターゲットにしたものだと思うのですがモンドリアンのような手ぬぐい(売り切れていて買えなかった)や展示されている刀の形のペーパーナイフなど、あまりグッズを購入しない私でも欲しくなるものでした。 展示は先月で終わってしましましたが、また見たい刀がいくつかあるので別の展示にも足を運ぼうと思います。