着物仲間と滋賀にある佐川美術館へ田中一村展を見に行ってきました。

佐賀美術館はとても綺麗

田中一村について

田中一村とは日本画家で、奄美大島で描いた亜熱帯の植物や動物の絵が有名です。日本のゴーギャンとも呼ばれているそう(私はしっくりこないですが)。
私が田中一村を知ったのは、以前着物仲間で訪問した着物関係の美術館(特別に販売をすることも)で知人が「田中一村さんの帯が!ファンなんです!買います。」と興奮気味に話していたのがきっかけでした。

事前知識があまりない状態で行ったのですが、すぐにその世界に飲み込まれてしまいました。
幼少期から描いていたという美しい絵たちから始まり、
オリジナルの図録が欲しかった…

田中一村のイメージは、亜熱帯の植物や動物だと思うのですが、私が今回惹かれたのは「白」と「花」。
中でもふすまに大きく描かれた花はとても美しく、圧倒されました。
絵を見て鳥肌が立ったのは久しぶりかもしれない…

時間を見つけて他の展示にも足を運びたいと思います。

カテゴリー: 日常

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。